So-net無料ブログ作成

Mのレビュー★テガミバチってどうよ? 【テガミバチ】浅田弘幸 [タ行]

今回は「テガミバチ」を紹介しマス (○σ´ω`)σ

tegamibati.JPG

━─━─━─[このまんがの状況]━─━─━─━─━─━

所持冊数  16冊

状態    連載中

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2014.10現在 既刊18巻みたいデスが、
まだ16巻までしか持ってないのデス。

買わねば!!
ε=ε=ε=┏((((*´Д`))┛

*--*--*≪  あらすじ ≫ *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*


夜の明けない国 アンバーグラウンド
ここでは、人工の太陽光が届かない暗く危険な地域に
テガミを届ける国家公務員「テガミバチ」がいた。

母親と生き別れた少年ラグ・シーイングは
テガミバチのゴーシュに憧れて 自らもテガミバチになった。

最高のテガミバチ「ヘッド・ビー」を目指して
人々のこころが込められたテガミを配達する...


*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

戦う郵便屋さんファンタジーの傑作デス!!


(*´_ゝ`)ノ【M視点書評】-------------------------

激しい動き指数        涙指数
★★★★☆      ★★★★★★

笑い指数           シリアス指数
★★★☆☆      ★★★☆☆

感動スチームパンク指数
★★★★★

Mのお気に入り指数
★★★★★


------------------------------------------------------------
※私(M)の個人的な評価デス。ご了承ください。







泣きたい時
もー絶対このまんがデス!!

私(M)の中で
「よーし 今からコレ読んで泣くぞッ!!」ってまんがが
2作品あるのデスが
この『テガミバチ』がその中の1つデス。


主人公のラグは ある特別な力を持った少年なのデスが、
その感受性の強さがハンパない!!

共感スキルが高すぎて とっても泣き虫なので
こっちの共感スキルも上がっちゃって
いつも号泣しながら読んでいマス。
ブワッ ・゚・(*ノД`*)・゚・。

IMG_5737.JPG



遠くにいても大切な人に気持ちを伝えたいとき、
この世界では「テガミ」がその手段なんデス。
テガミバチであるラグが
危険な旅にもかかわらず 一生懸命テガミとこころを伝えていくストーリー。

さまざまなエピソードがあるのデスが
どの話も読んでて涙が溢れちまうのデスょ。


そいでまた
画風も超絶ステキ!!
ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

カラーの絵はもはや名画デス。

IMG_5741.JPG



一番好きなのは ニッチ
デカパンをはいている(はかされている)ふしぎ少女
ラグの相棒(ディンゴ)デス。
ニッチとお姉ちゃんとのエピソードも泣けてよかったのデス。



IMG_5718.JPG


 ↑
相棒(ディンゴ)として認められたので
うれしくてパンツはいてマスw



あとはやっぱ
男の中の男 ジギー・ペッパーでしょうよ!
速達だからバイクってどんだけかっちょいいのさ。
セリフもわけわかんないけどなんかカッケーしッ!!

なんかひさびさにバイクのりたくなっちゃうなぁ。
BKB!ヒィーイェ!!b(*▼Д▼)d


とにかく
泣きたい時にはこのマンガ推しデ━d(゚ω゚=d)━ス!!

今んとこ1巻読むごとに
2・3回はボロボロに泣いてマス。

年をとって私(M)の涙腺が緩んでるだけなのか
はたまた最高に泣けるマンガだからなのか
実際読んでお確かめくださいマセ!

テガミバチ 18 (ジャンプコミックス)

テガミバチ 18 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 浅田 弘幸
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/08/04
  • メディア: コミック







♪ぜひ応援クリックお願いします(゚▽゚*)ニパッ♪     
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(46) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 46

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。