So-net無料ブログ作成

Mのレビュー★ジョジョの奇妙な冒険(第5部)ってどうよ? 【ジョジョの奇妙な冒険(第5部)】荒木飛呂彦 [サ行]

今回は
「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」
                            紹介しマス (○σ´ω`)σ

━─━─━─[このまんがの状況]━─━─━─━─━─━

所持冊数  10冊

状態    連載終了(コンプリート)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

IMG_5568.JPG

*--*--*≪  あらすじ ≫ *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*


舞台は2001年のイタリア。
DIOの息子・汐華初流乃はギャング・スターに憧れ、
ジョルノ・ジョバァーナという名で暮らしていた。
ジョルノはあるギャングとのいざこざで
ギャング組織「パッショーネ」の一員ブローノ・ブチャラティに命を狙われる。
組織は「矢」の力を使って組織のために働く
スタンド使いの構成員を次々と生み出していたが、
ブチャラティもスタンド使いのギャングであった。
しかしすでに「スタンド使い」として覚醒していたジョルノは
危機を逃れ、ブチャラティのチームに入団。
ギャングとして組織の内部抗争に身を投じていく...

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*


第5部はイタリアが舞台なので「JOJO」ではなく「GIOGIO」デス。

(*´_ゝ`)ノ【M視点書評】-------------------------

激しい動き指数        涙指数
★★★★★      ★★★★☆

笑い指数           シリアス指数
★★☆☆☆      ★★★★★

このジョルノ・ジョバァーナには『夢』がある!指数
★★★★★★

Mのお気に入り指数
★★★★★★★★★★


------------------------------------------------------------
※私(M)の個人的な評価デス。ご了承ください。






ジョジョは別格の思い入れなのでシリーズごとに紹介しマス
文庫版で持っていマス。

まあ、とにかく私(M)が言いたいのは、
大好きなジョジョシリーズの中でも
私(M)はこの第5部が一番好きだということデス。


舞台がイタリアなんで、
そもそも誰も彼もジョジョ立ちが異様に似合うという
設定そのものもスゴク好きなのデス。

私(M)も個人的に非常にイタリアが好きでして、
料理もいいし、サッカーもいい、歴史的建造物もいい。憧れちゃいマス。
イタリア料理でいうと第4部のトニオ・トラサルディーのイタリア料理店に
行ってみたいですけどね!

でも、やっぱり一番はこのシリーズのストーリーが好きなんデスよね。

ここまでの主人公は割と日の当たる世界で正統派なヒーローの立ち位置デスが、
このシリーズは「ギャングの内部抗争」をテーマにしているので主人公もギャング。
まあ言うなればダーク・ヒーローでしょうか。
それがこの
ジョルノ・ジョバァーナ!!

joruno.jpg

DIOの息子とはいえ、
DIOが首から下をジョナサン・ジョースターから奪ってくっつけた後にできた子供なので
ジョースター家の血を色濃く受け継いでいるようです。

でも非常に博学で冷静で論理的、ラッシュ時に「無駄無駄」連呼するあたりは
完全にDIOの遺伝子の影響でしょうね。
☆三(`ε´三)無駄無駄無駄無駄

IMG_5707.JPG


あと、関わった人々を魅了する行動理念や実行力、会話術などもカリスマ性があり
やはりその辺もDIO様の影響かもしれまセン。


また ジョルノのスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」
これまでの主人公のスタンド
承太郎の「スター・プラチナ」や仗助の「クレイジー・ダイヤモンド」と比べると
直接対決よりは戦闘サポート向きの能力なのですが、
「無機物に生命を与える」というもはや神の領域に近い能力を持っています。
テントウムシがジョルノのモチーフとしてよく使われているのもかわいいデス。

まあとにかく
「ジョースター家」と「ブランド―家」(もしくは吸血鬼)の遺伝子を交配すると
とんでもなくスゴイ子が生まれちゃうんだなってのはよくわかりマス。




第5部はギャングの内部抗争というテーマから
これまでのシリーズに比べて戦いはほぼ「殺し合い」デス。
「再起不能」ではなく命の取り合いになってるんデスね。
  (メ▼3▼) タマとったるァアァァ!
ゴッド・ファーザーも見たことないんですが
実際こんな感じなんでしょうかね?

そのためシリアスで悲しい話も多いのデスが、
このジョルノ・ジョバァーナには『夢』がある!

IMG_6058.JPG

このジョルノをはじめ、
ブチャラティチームの生き様がほんとに好きなのデス。



ブチャラティチームはギャングとはいえ
「正義」のために戦ってるんデス。

そして『夢』『信頼』『覚悟』というワードが
この第5部の重要な要素になっていマス。

そこが、「ギャングの内部抗争」という暗くて哀しいテーマの中にあっても
ジョルノやブチャラティチームのメンバーに輝きを持たせていると思うんデス。

正に「黄金の風」!!



主人公ジョルノの知性や度胸や人を惹きつける魅力は絶大なものがありますが、

イチ推しはなんといってもブローノ・ブチャラティ!!

IMG_5687.JPG


フィギュアだって持っているッ!

butyaf.JPG

(ちなみに私(M)がもってるフィギュアは岸辺露伴・ブチャラティ・ゴルゴ13だけ)


リーダーシップがあり
漢気があって
誰よりもやさしく
思いやりがあり
それゆえにとても信頼の厚い人物デス。
あ、もちろんギャングとしての「スゴ味」も一級品デス。

こんな上司の下で仕事したいデスよ。ホント。

スタンドの「スティッキィ・フィンガーズ」もすっごいかっこいいしね!



あとはミスタやナランチャも好きなんデスが、
敵側だとプロシュートがいいデスね。

敵であり、非情な行動に出ることも多いのデスが、
弟分のペッシを成長させるために
自ら「覚悟」を見せるシーンはグッとくるものがありマス。
ディ・モールトッ!ベネッ!
(ジョジョ好きにはおなじみの「ディ・モールト」が出てくるのはこの第5部デス)


当然有名な「ジョジョ立ち」や
ジョジョシリーズらしい名セリフも多数あり、
読みごたえありまくりデス。

ジョジョ第5部の名言まとめはこちら σ゚ロ゚)σ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 ★ジョジョの奇妙な冒険第5部 名言まとめINDEX★

イタリアを舞台にギャングのスタンド使いの生き様を描く第5部。
まだ読んだことないって方はぜひお試しください!

超超超絶おススメ致しマス ヾ(*ΦωΦ)ノ




★ジョジョ第5部をまとめてGET★
お得な中古本 漢気の全巻大人買いは
ココをチェックだッ!!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





------------------------------------------------------------

ほかのマンガのレビュも見てみてくだちいッ σ゚ロ゚)σ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 ★Mのレビュー☆掲載作品一覧★

------------------------------------------------------------


♪ぜひ応援クリックお願いします(゚▽゚*)ニパッ♪     
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(29) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 29

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。